このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2020年74(土曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 建設行政 > 2ページ目

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

建設行政

新型コロナ対策
建設業向け指針策定
現場、通勤など具体策を整理
国交省

国土交通省は、建設現場の実態に即した新型コロナウイルス感染予防対策のガイドラインを策定した。政府の基本的対処方針や専門家会議の提言などを踏まえ、建設現場やオフィスでの「感染防止のための基本的な考え方」と「講じるべき具体的な対策」を整理。緊急事態宣言終了後も感染リスクを低減し、安全・安心が十分に確立できるまで活用してもらう。

続きを読む

20年度 民間建築(補助)
社福施設移転新築5億円
松江市

松江市は、20年度の民間建築(補助)で▽自治会集会所15件▽保育所3件▽社会福祉施設1件▽農業用施設1件▽大規模建築物耐震改修2件▽文化財2件―など各施設整備に補助金を交付する予定。

改正建設業法 10月1日施行
技術者配置 緩和・合理化
政府 政令を閣議決定

政府は15日、10月1日に施行する改正建設業法の政令を閣議決定した。監理技術者を補佐する者は主任技術者のうち、監理技術者の職務に関する基礎的な知識や能力を持つ者と規定。補佐する者を置いた場合は、監理技術者が兼務できる工事現場数を2現場とする。著しく短い工期の禁止に関する勧告対象は、請負代金額500万円(建築一式工事1500万円)を下限とする。

続きを読む

直轄事業 テレワーク推進
遠隔臨場100件試行
国交省

国土交通省は、直轄事業でテレワーク導入の取り組みを進める。建設現場の監督・検査業務を、映像と音声データを活用して非対面で実施する「遠隔臨場」を20年度100件程度試行。その知見を基に実施要領をまとめ、他の工事へと展開する考え。

続きを読む

円滑発注、施工体制確保へ強化
新型コロナ対策 指名競争を活用
国交省

国土交通省は新型コロナウイルスの感染拡大防止措置を前提に、直轄事業で円滑な発注と施工体制の確保に向けた対策を強化する。

続きを読む

5月臨時改定
軽油 9.8%下落
県・設計単価

県土木部は、設計資材労務単価の5月臨時改定をした。

続きを読む

19年度末許可業者数 0.9%の増
解体工事(新設)は5.5万者

国土交通省は1日、19年度末(20年3月末)時点の建設業許可業者数を発表した。総数は47万2473者で18年度末に比べて0.9%、4162者増えた。2年連続の増加で、5年ぶりに47万台となったが、ピークの60万980者(1999年度末)と比べると21.4%の減。新たな許可業種区分として16年6月に申請受け付けを始めた「解体工事」は5万5842者が取得した。

続きを読む

新型コロナ対策 67億円を専決
寄宿舎環境整備、介護個室化
融資枠800億円新設
県補正

県は4月30日、一般会計総額67億7406万円を増額する補正予算を知事専決処分とした。新型コロナウイルス感染症の拡大防止を最優先に、中小企業者などの資金繰りのため財政調整基金を取り崩して融資制度を充実。中小企業制度融資等特別会計では、保証料不要で低利な融資枠800億円を新設した。

続きを読む

国土強靱化計画
20年度素案 検討資料を公表
政府 5/11まで意見募集

政府は20年度の「国土強靱化年次計画」素案の検討資料を公表した。昨年の台風15、19号など自然災害の教訓を踏まえた施策を充実・強化する。東京一極集中によるリスク軽減のため「モニタリング指標」を設定。一極集中の状況を把握できる体制を整えるとともに是正策を示す。

続きを読む

新型コロナ
工事・業務の追加費用負担
国交省 感染拡大防止対策で

国土交通省は直轄工事・業務で新型コロナウイルスの感染拡大防止策を徹底する。対策実施に必要な追加費用を受発注者による協議の上、設計変更で適切に対応。現場で働く人が同じ宿舎で密集するのを避けるため近隣施設に泊まる費用や交通費、現場事務所や宿舎の拡張費用・借地料などを確実な履行を前提に設計変更で対応する。

続きを読む

20年度入札・契約
中国整備局 見直し方針公表
担い手確保やICT推進で

中国地方整備局は、20年度の入札・契約手続きに関する見直し方針を公表した。コロナウイルス感染防止のため中止となった説明会の資料を整備局HP「発注・契約情報」に掲載している。

国交省 新型コロナ対策
事業継続の考え方提示
3密回避へ取組事例

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたのを受け、国土交通省は17日、建設業団体に対し政府の基本的対処方針に基づく事業継続の考え方を示した。公共工事では受発注者間で協議し、受注者から工事中止の申し出がある場合、工期見直しや請負代金額の変更など適切に措置。この取り扱いを民間工事の発注者にも参考にしてもらう。

続きを読む

20年度取組みを公表
予算、完成箇所を県民に広報
県土木部

県は14日、「20年度県土木部の取り組み」を公表した。20年度の予算や完成・新規着手箇所、主な施策などをまとめて掲載。土木部の取り組みを県民らに広く広報する目的で、今回初めて作成した。島根創生を進めるための新規・拡充施策のうち、「Ⅲ地域を守り、のばす」「4地域振興を支えるインフラの整備」としてもPRする。

「20年度県土木部の取り組み」の中で、主な事業箇所として紹介された浜田港福井地区上屋整備

続きを読む

CCUS
「メリットの創出」求める声多く
国交省 モデル工事検証で中間まとめ

国土交通省が19年度に直轄30現場で実施した「建設キャリアアップシステム(CCUS)モデル工事」の中間まとめによると、元請、下請とも「分かりやすいメリットの創出・訴求」を求める意見が多く寄せられた。国交省は20年度に新たなモデル工事を試行し、目標達成に応じて工事成績評定を加点するなどメリットを明確化。検証成果を踏まえ、より良いシステムの構築につなげ、CCUSの普及・活用を後押しする。

続きを読む

労務費見積り尊重宣言
モデル工事を全国展開
国交省 技能者の処遇改善後押し

国土交通省は20年度、一部の地方整備局で試行している「『労務費見積り尊重宣言』促進モデル工事」を全国展開する。労務費を内訳明示した見積書を尊重する優れた企業にインセンティブを付与。工事の入り口(総合評価)と出口(工事成績評定)の両面で評価する。

続きを読む

生産性向上
働き方改革 両軸に11施策
活用工事拡大や平準化推進
中国整備局 20年度i-con計画

中国地方整備局は、20年度のi-Construction推進計画を策定した。一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善、建設現場に携わる人の賃金水準の向上を図るなど魅力ある建設現場を目指すことを目標に「生産性向上」「働き方改革」を両軸に11項目の取り組みを戦略的に展開する。

直轄30億、補助・交付金97億円配分
20年度当初公共事業
農林水産省

農林水産省は、20年度当初予算の公共事業箇所別予算額を発表した。県内では、宍道湖西岸地区国営緊急農地再編整備、日本海西部漁場整備など直轄事業30億1100万円。県の農業競争力強化農地整備、復旧治山など補助事業75億1200万円。また、農山漁村地域整備交付金21億7300万円(国費)を配分した。

ICT候補工事を公表
松江・県央・浜田で計11件
県発注見通し

県は1日、公共工事の発注見通しを公表。ICT候補工事の該当ありとした事務所別件数は▽松江6▽県央1▽浜田5―の計11件。雲南・出雲・益田・隠岐は該当なしだった。

山陰道整備に294億円
益田西道路 調査設計に着手
20年度 県関係直轄事業

中国地方整備局は、20年度予算成立に伴い管内直轄事業の配分額を確定した。島根県関係は山陰道整備に294億6700万円が配分され、益田西道路(益田市戸田町~飯田町、9.1㎞)には調査設計費5000万円がついた。また、9号交通安全対策で出雲バイパス(中野~姫原間)の付加車線整備に着手する。

続きを読む

入札参加資格申請
総務省 標準書式案作成
都道府県・政令市に通知

総務省は、地方自治体ごとに異なる競争入札参加資格審査の申請書類の様式を統一した「標準書式案」を作成し、3月31日付で都道府県と政令市に通知した。都道府県を通じて管内の市町村への周知を促すほか、総務省のHPでも近く公開する。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 13

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ
  • 建設人(けんせつびと)

ページの先頭へ