このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年420(土曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 建設行政 > 2ページ目

トップニュース

建設行政

労務単価 1.9万円台の最高値に
前年比3.3%増 3月から適用
国交省

国土交通省は2月22日、公共事業の積算に使う新しい公共工事設計労務単価と設計業務委託等技術者単価を発表した。労務単価は全職種の加重平均で1万9392円と、18年2月改定に比べ4・1%(単純平均3・3%)、技術者単価は全職種の単純平均で3・7%それぞれ引き上げ。3月1日から適用する。

続きを読む

労務単価 1.4%増の2万1961円
4月適用、特例措置で対応
島根県

島根県の平均単価は、全国で単価設定のなかった2職種に加え、島根で単価設定のない「タイル工」「石工」「山林砂防工」の3職種を除く、46職種による単純平均が18年2月比1・4%アップの2万1961円。

続きを読む

技術者単価3.7%上昇
平均3万9055円
国交省

国土交通省は22日、公共事業の積算に使う19年度設計業務委託等技術者単価を発表した。全20職種の単純平均は3・7%上がって3万9055円。7年連続で上昇した。3月1日から適用する。

続きを読む

CCUS活用 能力評価で指針案
業界共通ルール明示 過去の経験も加味
国交省

国土交通省は、建設キャリアアップシステム(CCUS)を活用した建設技能者の「能力評価制度」に関するガイドライン案をまとめた。

続きを読む

債務負担の積極活用 県内で3市町
「速やかな繰越手続」は42%
入契法実施調査

国土交通、総務、財務各省はこのほど、入札契約適正化法等に基づく実施状況調査(18年8月1日現在、一部3月31日現在)をまとめた。

続きを読む

繰越し制度
自治体に活用徹底を要請
国交省総務省 年度末待たず手続きを

国土交通、 総務両省は地方自治体が発注した工事での適切な工期確保に向け、 速やかな繰り越し手続きの徹底を都道府県などに要請した。

続きを読む

飯梨川水道基本計画(案)策定
法定年数経過管路、20年後に98%
県企業局

県企業局は、 「県水道用水供給事業 (飯梨川水道) 施設管理基本計画」 (案) を策定した。 給水開始から50年近くが経過し、 施設の老朽化が進行。 法定耐用年数を経過する管路の割合が20年後には約98%となる。

続きを読む

道路維持15億円、山陰道12億円
県関係直轄2次補正
国交省

18年度第2次補正予算の成立を受け、中国地方整備局は8日、管内事業予算を発表した。防災・減災、国土強靭化のための3カ年緊急対策の初年度対策を主体に、直轄事業費405億9200万円(現年359億7500万円、ゼロ国債46億1700万円)を計上した。

続きを読む

直轄、補助53億円配分
県内18年度補正・ゼロ国
農林水産省

農林水産省は7日、18年度補正予算の成立を受け公共事業箇所別予算額を発表した。

続きを読む

12年ぶり公共事業1000億円超
国土強靭化で普建費15・3%増
担い手・後継者確保を充実
新年度島根県当初予算案

県は6日、一般会計総額4686億5350万円(18年度当初比3・7%増)の19年度当初予算案を発表した。普通建設事業費は1042億3617万円で18年度当初比15・3%増。公共事業費は補助31・2%増など総額1003億4000万円で、国の「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」に応じ同18・9%の大幅増となる。

続きを読む

公共事業148億円計上
国土強靭化対策分に110億円
県2月補正

県は6日、一般会計総額171億5304万円を増額する2月補正予算案を発表した。

続きを読む

調査・設計業務にゼロ国債
新年度予算案で初設定
納期平準化さらに推進
国交省

国土交通省は調査・設計業務を対象に、 19年度当初予算案でゼロ国債 (国庫債務負担行為) を初めて設定する。 直轄業務の履行期限の平準化をさらに進めるのが目的。

続きを読む

工期確保・平準化 発注者の努力義務に
人材確保へ技術者規制緩和
業法・入契法改正案

国土交通省が今国会に提出する建設業法と公共工事入札契約適正化法 (入契法) の一括改正案の概要が明らかになった。

続きを読む

県・総合評価 施工上の留意点廃止
2/1公告分から適用
成績評定 傾斜配分方式に

県は総合評価方式のうち、簡易型で適用していた「施工上の留意点」を廃止し、4000万円から2億円未満の工事を特別簡易型の評価方法に一本化する。

続きを読む

26年度汚水処理普及率87%以上へ
島根県

県は、市町村の各種汚水処理施設整備の基本構想となる「県生活排水処理ビジョン」の第5次構想(19~26年度)を策定した。

続きを読む

県土木部執行状況 現年+繰越72%(12月末)
9月末比、13・7ポイントアップ

県土木部は、第3四半期(18年12月末)現在の部内の公共事業執行状況をまとめた。

続きを読む

建築士事務所業務報酬基準 国交省告示98号施行
技術的助言と指針公表

国土交通省は、建築士事務所の開設者が請求できる業務報酬基準を改定し、21日に「国土交通省告示98号」として公布・施行した。

続きを読む

大臣許可申請 都道府県経由の事務廃止
国交省

国土交通省は、建設業の大臣許可の申請などに関する都道府県経由事務を廃止する。

続きを読む

農水省関係新年度予算案
公共事業8166億円、19%増

政府の19年度予算案のうち、農林水産省関連の公共事業費は8166億円で、18年度当初比19・0%の大幅槽となった。

続きを読む

拠点施設整備本格化へ 隠岐の島、海士町も工事発注
ジオパーク

13年9月、隠岐地区一帯の地形や生態系、歴史・文化が「世界ジオパーク」に認定された。隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会(池田高世偉会長)が16年にまとめた全体構想では、3町1村のフェリーターミナル付近に、訪れた人が各地の特色を学ぶ拠点施設の整備計画を盛り込んだ。

続きを読む

1 2 3 4

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ