このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2021年614(月曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > その他

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

その他

New!

<連載>公共工事動向③
過去10年間 地区別請負額
東部49、西部43、隠岐7%

西日本建設業保証島根支店がまとめた前払金保証実績から見た公共工事動向。今回は11~20年度までの過去10年間の地区別請負金額の推移についてまとめた。

続きを読む

労働時間の法制度
建設事業者向け説明会
7・9月、県内4カ所で

島根労働局は7月と9月、建設事業者向けの労働時間に関する法制度等説明会を開催する。建設事業は24年4月から時間外労働の上限規制が適用される。猶予期間中に時間外労働の削減に関する取り組みを進めてもらうため、改正労働基準法や労働時間に関する法制度など説明する。

続きを読む

<連載>公共工事動向②
過去10年間 工種別請負額
平均 土木923・建築252億円

西日本建設業保証島根支店がまとめた前払金保証実績から見た公共工事動向。今回は11~20年度までの過去10年間の工種別請負金額の推移についてまとめた※18年度以前は年度別請負金額に工種別構成比を乗じて算出工種別請負金額の推移

続きを読む

全国植樹祭を開催
循環型林業を継承

第71回全国植樹祭しまね2021(国土緑化推進機構、県共催)が5月30日、大田市の三瓶山北の原で開かれた。新型コロナ感染症の影響で1年延期した同祭の式典には、県内外から約2200人が参加。島根の循環型林業と魅力を全国に発信した。

画面越しに、苗や種の説明をした子どもたちに声を掛けられる天皇陛下=大田市内

続きを読む

飯塚市長が施政方針
新工業団地整備進める
出雲市

5月27日に開かれた出雲市定例市議会で、飯塚俊之市長が施政方針を発表した。

施政方針を発表する飯塚市長=出雲市内

続きを読む

22年度重点要望
離島振興、公共事業予算確保を
島根県

県は、22年度の国の施策・予算編成に当たり、6月上旬に各省庁に重点要望書を送付する。重点要望に加え、新型コロナ感染症対策の緊急要望もする。

続きを読む

<連載:公共工事動向①>
過去10年間 発注者別請負額
国2・県4・市町村3割

西日本建設業保証島根支店がまとめた前払金保証実績から見た公共工事動向。今回は11~20年度までの過去10年間の発注者別請負金額の推移についてまとめた。発注者別請負金額の推移

続きを読む

公共建築の木材利用
協定制度で事業者支援
促進法改正案 自民、今国会提出へ

 

自民党が議員立法として今国会に提出する「公共建築物木材利用促進法改正案」の内容が固まった。脱炭素社会の実現に向け、民間建築物を含め木材利用を促進する。行政(国・地方自治体)と事業者の協定制度を創設し、木材を積極利用する事業者を支援。WTO政府調達協定が障壁となっている国産材の活用を後押しする。政府内で推進体制も整備する。改正法は10月1日の施行を目指す。

続きを読む

<就任インタビュー>
境港湾・空港整備事務所長 新見健吾氏
施設整備と強靭化促進

国際コンテナ航路や原木・木材加工の輸出入など北東アジア貿易の拠点として発展が期待される浜田港と境港。日本海側拠点港として着実に整備が進みつつあるが、港湾施設の防災・老朽化や大型船舶への対応など課題も抱える。両港の整備を担う国土交通省境港湾・空港整備事務所の新見健吾所長に、今後の事業計画や港湾施設の強靭化対策などについて聞いた。

<インタビュー>
外国人技能実習生受入れ
イズコン代表取締役 福田康伴氏

労働力人口の減少から全産業的に外国人材の受け入れが始まっている。高度技能職人材および技能実習生を採用するイズコン(出雲市大津町)の福田康伴社長に状況や育成方針を聞いた。

建設国債の増加抑制
事業評価 費用便益改善を
財政審歳出改革部会

財政制度等審議会(財政審、財務相の諮問機関)財政制度分科会歳出改革部会が4月末開かれ、建設国債の増加抑制と事業評価の徹底に向けた方向性を示した。建設国債の発行が赤字国債残高の増加につながっていると指摘した上で、将来世代の人口減を踏まえ「真に必要なインフラを見極めて債務残高の抑制に努めるべき」と強調。公共事業の事業評価で用いる費用便益分析(B/C)の運用を改善するよう求めた。

続きを読む

21年度重点取組
路網整備、治山を推進
島根森林管理署

林野庁島根森林管理署は4月末、21年度の重点取り組み事項を公表した。路網整備や治山工事を推進、県と共同で新たな造林技術の確立などに取り組む。

<就任インタビュー>国土強靱化、着実に推進
島根県土木部長 井田悦男氏

「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」が20年12月に閣議決定。15兆円の事業規模により、激甚化する風水害やインフラの老朽化対策などが進められる。県では「今後10年間の公共土木事業の実施方針」を発表。22年度からは原則、発注者指定型の週休2日工事を全面実施する。4月に就任した井田悦男県土木部長に、国土強靱化対策や働きやすい建設現場づくりなどについて聞いた。

<講演紹介⑤>ICT施工セミナー
建設興業タイムス社

建設興業タイムス社は6月9日、松江(くにびきメッセ)・浜田(浜田建設会館)で「ICT施工対応セミナー」を開催します。浜田会場はWeb会議システム。そこで、講演趣旨を紹介しますので、この機会にぜひ受講いただきますよう、ご案内します。

続きを読む

<講演紹介④>ICTセミナー
建設興業タイムス社

建設興業タイムス社は6月9日、松江(くにびきメッセ)、浜田(浜田建設会館、Web会議システム)両会場で「ICT施工対応セミナー」を開催します。そこで、講演趣旨を紹介しますので、この機会にぜひ受講いただきますようご案内します。

続きを読む

<講演紹介③>ICTセミナー
建設興業タイムス社

建設興業タイムス社は6月9日、松江(くにびきメッセ)、浜田(浜田建設会館、Web会議システム)両会場で「ICT施工対応セミナー」を開催します。そこで、講演趣旨を紹介しますので、この機会にぜひ受講いただきますようご案内します。

続きを読む

<講演紹介②>ICT施工セミナー
建設興業タイムス社

建設興業タイムス社は6月9日、松江(くにびきメッセ)・浜田(浜田建設会館)で「ICT施工対応セミナー」を開催します。浜田会場はWeb会議システム。そこで、講演趣旨を紹介しますので、この機会にぜひ受講いただきますよう、ご案内します。

続きを読む

ICT施工セミナー
6/9 松江・浜田で開催
建設興業タイムス社

建設興業タイムス社では6月9日、松江(くにびきメッセ)・浜田(浜田建設会館)で「ICT施工対応セミナー」を開催します。浜田会場はWeb会議システム。

続きを読む

道路整備で勉強会
8の字ルート 自治体が連携
中海・宍道湖圏

中海・宍道湖圏域における道路整備に関する勉強会(会長・松浦利之中国地方整備局道路部長)は26日、米子市内で第2回会議を開催。国交省、島根、鳥取両県、同圏域6市村、西日本高速道路の担当者ら約20人が出席した。

勉強会で意見交換する出席者=米子市内

続きを読む

波積ダム定礎式
関係者50人が祝う
島根県

県が江津市で整備を進めている波積ダム本体建設工事(安藤・間・今岡工業・原工務所JV施工)の定礎式が24日、現地で開かれ、県や市、事業関係者ら約50人が出席した。

波積ダム定礎式を祝う関係者ら=江津市波積町

続きを読む

1 2 3 4 5

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 入札結果電子版
  • 金入り設計書
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • 建設人(けんせつびと)
  • 建設興業タイムス縮刷版2020年
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ