このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

建設興業タイムス

2022年812(金曜日)

メニュー

金入り設計書・入札結果ダウンロード

会員限定情報ページ
新規申し込みはこちら

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

新着情報

新着情報一覧

トップニュース

トップニュース一覧

New!

CCUS
就業履歴蓄積へ 元下団体が協力確認
リーダー設置とタッチ推進

官民で構成する建設キャリアアップシステム(CCUS)運営協議会運営委員会が3日開かれ、工事現場へのカードリーダー設置と技能者のカードタッチの推進に努めていく方向で元請団体や専門工事業団体を含む運営委メンバーが合意した。就業履歴蓄積の促進には各現場で元下双方の役割に基づく協力が不可欠。登録技能者のカードタッチ率が現状で3割にとどまる中、協力関係の重要性を相互に確認した格好だ。

続きを読む

New!

管路整備DB方式導入
実施方針案を公表
浜田市公共下水道

浜田市は、公共下水道浜田処理区整備事業の管路整備に公民連携(DB方式)を導入するための実施方針案を10日に公表。民間事業者に対し公民連携手法の概要、実施スケジュールなどの実施方針案と整備事業の設計、建設工事に関する要求水準案などを示す方針で、秋ごろ公募型プロポーザルを公告予定。

続きを読む

市区町村発注業務
ダンピング対策 浸透に遅れ
約半数が2制度未導入
国交省が公表

国土交通省は市区町村が発注する業務(設計、測量、地質調査)のダンピング対策の導入状況を「見える化」し公表した。低入札価格調査制度と最低制限価格制度いずれも未導入の市区町村は全体の約半数を占め、両制度がほぼ浸透している工事と比べ改善が遅れている。各市区町村の導入状況を都道府県別のマップに色分けし明示。近隣自治体と比較可能とすることで改善のきっかけにしてもらう。

続きを読む

ICT施工
小規模現場に適用拡大
国交省 人材育成と併せ後押し

国土交通省は、中小建設会社にICT施工を広めるため、小規模現場への適用拡大や専門人材の育成制度の構築に注力する。スマートフォンなどモバイル端末を用いた出来形管理手法の適用範囲を拡大。22年度に運用開始した小規模ICT土工とセットで施工する排水構造物工などにも適用する方向。民間企業の研修プログラムなどと連携した技術者育成制度の検討にも本腰を入れる。

続きを読む

グループホーム新築
下旬公告へ
邑智福祉振興会

邑智福祉振興会(辰田直久理事長)は、グループホーム清和寮(邑南町中野)の老朽化に伴い、新しくグループホームを新築する。8月下旬に一般競争を公告予定で9月下旬に入札、工期は23年度末。設計はヤマシタ設計瑞穂事務所。

建設場所は、清和寮の跡地。建物はW1F248㎡。施設内には居室(12㎡)7室、食堂(28・2㎡)、宿直室(10.95㎡)、トイレ、物置などを配置。新施設は、利便性・安全性に配慮し、在宅の障害者が緊急利用できる地域生活支援拠点の機能を果たす。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 建設人(けんせつびと)
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設興業タイムス縮刷版
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ