このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

建設興業タイムス

2024年221(水曜日)

メニュー

金入り設計書・入札結果ダウンロード

会員限定情報ページ
新規申し込みはこちら

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

新着情報

新着情報一覧

トップニュース

トップニュース一覧

New!

監理技術者 現場不在条件明確化
遠隔管理を位置付け
国交省

国土交通省は現場技術者の働き方改革に対応した制度運用の方向性を固めた。監理技術者や主任技術者の専任制度であいまいになっていた部分を明確化し、専任工事で「工事現場を離れることができる条件」などを例示。現場を不在とする場合、現行では発注者などの了解を条件としているが、休暇などによる1~2日程度の短期間の不在であれば適切な施工体制の確保を前提に受注者の裁量で可能とする。施工体制を確保する手段として遠隔施工管理を明確に位置付ける。

続きを読む

New!

個人事業者 健康管理指針案
自主的定期健診促す
厚労省

厚生労働省は、建設業で働く一人親方など個人事業者の健康管理に関するガイドライン案をまとめた。個人事業者自身、仕事の注文者や管理者が取り組む健康管理の留意事項などを周知。自主的な取り組みを促す。個人事業者には、定期的な健康診断の受診を求める。注文者らは安全衛生を損なうような長時間就業の防止へ期日設定に配慮する。ガイドラインは3月下旬の適用を目指す。

続きを読む

New!

モデル認定技術にカメトル
認定2カ年、集中支援
しまハツ

県土木部技術管理課は14日、審査会を開き、「しまね・ハツ・建設ブランド」の特別支援モデル事業対象技術(モデル認定技術)に、「カメトル」=登録番号C1902(日精販)を認定した。認定期間は4月1日~26年3月31日までの2カ年。

続きを読む

都市緑地法改正案 閣議決定
支援拡充、事業者認定創設
政府

政府は13日の閣議で、都市緑地法などの改正案を決定した。地方自治体が指定する「特別緑地保全地区」の維持管理を促すため、財政面の支援制度を拡充。指定面積を30年度までに1000ha増やす。民間事業者による緑地の創出を国交相が認定する制度も創設し、30年度までに300件の認定を目指す。公布から6カ月以内に施行する。

続きを読む

24年度予算案概要を発表
建設改良費47億円
出雲市上下水道局

出雲市上下水道局はこのほど、24年度水道事業および下水道事業会計の当初予算(案)概要を発表した。建設改良費は▽上水道21億4870万円▽下水道25億5300万円―。

ページの先頭へ