このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2022年518(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 新庁舎本体工、22年度末発注へ/総事業費12~15億円 延床1600㎡/海士町

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

新庁舎本体工、22年度末発注へ
総事業費12~15億円 延床1600㎡
海士町

海士町は、新庁舎建設工事の設計を進めている。庁舎棟と交流棟を合わせて延床面積1600㎡程度を計画。本体工事は22年度末~23年度初めに発注予定で、県外を含めた指名競争が有力。総事業費は未定だが12~15億円程度を想定する。担当は半官半X特命担当課。

続きを読む

  • 建設興業タイムス縮刷版
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 建設人(けんせつびと)
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ