このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年416(火曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 民間工事 資材高騰対応を/リスク分担 受発注者で/日建連

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

民間工事 資材高騰対応を
リスク分担 受発注者で
日建連

日本建設業連合会(日建連)の宮本洋一会長と押味至一、蓮輪賢治両副会長が21日、東京都内で会見した。国土交通省が8月に設立した有識者会議「持続可能な建設業に向けた環境整備検討会」の議論に言及。8日の会合で大手デベロッパーが資材価格高騰に対応した請負金額の変更は難しいとの見解を示したことに触れ、宮本会長は想定外のリスクは受発注者で分担する必要性を訴えた。

続きを読む

ページの先頭へ