このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年320(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 飯梨川水道基本計画(案)策定/法定年数経過管路、20年後に98%/県企業局

トップニュース

飯梨川水道基本計画(案)策定
法定年数経過管路、20年後に98%
県企業局

県企業局は、 「県水道用水供給事業 (飯梨川水道) 施設管理基本計画」 (案) を策定した。 給水開始から50年近くが経過し、 施設の老朽化が進行。 法定耐用年数を経過する管路の割合が20年後には約98%となる。 適切な維持管理による施設の長寿命化を図りながら、 耐震対策も含めた施設の修繕・更新に向けた基本的な方針をまとめたもので、 企業局では今後20年間を見通した 「中期事業計画」 の策定も進める。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ