このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年416(火曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 総額4824億円、普建費1.9%減/江津工業団地3期造成着手/23年度県当初予算案

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

総額4824億円、普建費1.9%減
江津工業団地3期造成着手
23年度県当初予算案

県は8日、一般会計総額4823億6074万円(22年度当初比0・1%増)の23年度当初予算案を発表した。普通建設事業費は892億850万円と22年度当初比1・9%減。公共事業費は約860億円で同4・2%減。21年災の災害復旧が進み、関連予算の減少が要因。コロナやエネルギー対策の衛生費が449億3367万円と同23・2%増、畜産や産地創生の農林水産業費が459億349万円と同10・7%増。出雲警察署建設(継続費)に伴い、警察費も214億円と3・8%増。当初予算+2月補正(11月補正の公共事業分含む)の総額ベースでは、一般会計総額5134億円(22年度総額ベース比1・4%減)、公共事業費1085億円(同3・1%減)となる。

続きを読む

ページの先頭へ