このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年415(月曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 西郷港周辺整備、10年計画で/23年度 大社分院通り設計へ/隠岐の島町

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

西郷港周辺整備、10年計画で
23年度 大社分院通り設計へ
隠岐の島町

隠岐の島町は23年度から10カ年計画で、西郷港周辺地区整備事業に着手する。町では4月から「地権者の会」を開くなどして地元協議を進めている。1期(23~27年度)と2期(28~32年度)の各5カ年計画で推進。設計はSUGAWARADAISUKE―上條・福島設計共同企業体が担当。まちづくり計画の基本理念には「海とまちをつなぎ世代をつなぐまちづくり」を掲げる。

(仮称)大社分院通りのイメージ

続きを読む

ページの先頭へ