このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年415(月曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 県特別点数、在り方を調査/7県土とも「現行で良い」最多/本紙アンケート②

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

県特別点数、在り方を調査
7県土とも「現行で良い」最多
本紙アンケート②

建設興業タイムス社は、県内の建設会社200社を対象に実施した「県入札参加資格審査『特別点数』に対するアンケート調査」の結果を続報する(概要は9月3日付1面既報)。次期25・26年度定期審査での特別点数の望ましい方向を聞いたところ、7県土管内とも「現行のままで良い」が最多。「評価項目を減らし特別点数を縮小すべき」は浜田が38%でトップ。「評価項目を増やし特別点数を拡大すべき」は益田が33%と最も多かった。

続きを読む

ページの先頭へ