このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年529(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 県特別点数 在り方を調査/次期審査 45%が「現行で良い」/本紙アンケート

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

県特別点数 在り方を調査
次期審査 45%が「現行で良い」
本紙アンケート

建設興業タイムス社は、県内の建設会社200社を対象に「県入札参加資格審査『特別点数』に対するアンケート調査」を実施した。22~24年度県建設工事等入札参加資格審査申請での特別点数を踏まえた上で、次期25・26年度定期審査での特別点数の在り方について質問。土木・建築一式など格付けのある現行の4工種を問わず、総じてどのような方向が望ましいか聞いたところ、「現行のままで良い」が43社(45.2%)とほぼ半数を占めた。

続きを読む

ページの先頭へ