このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2022年71(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 民間工事 3割が工期「短い」/4週8休は1割未満/国交省実態調査

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

民間工事 3割が工期「短い」
4週8休は1割未満
国交省実態調査

国土交通省は民間工事に特化した工期の実態調査結果を公表した。約1500社の建設企業へのアンケートで、注文者から提案された工期が「(著しく)短い工期の工事が多かった」との回答は30.8%。平均的な休日取得が「4週8休以上」は8.6%にとどまり、工期の厳しさが指摘されながら明るみに出てこなかった民間工事の実情を数字で裏付ける結果となった。工期不足を生産性向上の努力でしのぐ現場も一部あるが、単純な人員増や長時間労働で対応するケースが圧倒的に多かった。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 建設興業タイムス縮刷版
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ