このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2021年1127(土曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > <解説>30年目標 太陽光発電、新築戸建6割に/パネル軽量、低コスト化を/カーボンニュートラル

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

<解説>30年目標 太陽光発電、新築戸建6割に
パネル軽量、低コスト化を
カーボンニュートラル

国交省・経産省・環境省は8月下旬、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物における省エネ対策のあり方・進め方」を公表。25年度に省エネ基準適合義務化、30年にZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準の確保と新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備を導入。50年には住宅・建築物で太陽光発電設備が一般化されていることを目指す。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 建設興業タイムス縮刷版2020年
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ