このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2021年928(火曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 担い手確保へ評価範囲拡大/防災協定、定義を明確化/8月公告分から適用/県・総合評価改正

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

担い手確保へ評価範囲拡大
防災協定、定義を明確化
8月公告分から適用
県・総合評価改正

県は「県建設工事総合評価方式運用手引き」を一部改正する。建設産業での担い手確保に向け、若手・中堅技術者の配置と若手技術者・従業員の新規雇用に対する評価適用範囲を拡大。20年8月の改正時に予告していた措置で、1年間の周知期間を経て予告通り、21年8月から適用する。また、地域貢献で評価対象とする防災協定の定義を、『風水害・(雪害・)地震災害・その他の災害応急対策業務に関する協定』などと明確化した。いずれも8月1日以降公告分から適用する。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 建設興業タイムス縮刷版2020年
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ