このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年823(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 事業継承対策済み34%、廃業4%/技能者、若年層比率が高め/県建設産業実態調査②

トップニュース

事業継承対策済み34%、廃業4%
技能者、若年層比率が高め
県建設産業実態調査②

県土木部が実施した「県建設産業実態調査」(19年2月)では、今回から事業継承や後継者についての質問を新設した。事業継承について対策済みとの回答が約34%ある一方、自分の代で廃業または清算予定が約4%。 また、従業者の年齢構成をみると全体的に高齢化が進行しているが、技能者は男女とも他の職種に比べて若年層の比率が高い。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ