このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年216(土曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 調査・設計業務にゼロ国債/新年度予算案で初設定/納期平準化さらに推進/国交省

トップニュース

調査・設計業務にゼロ国債
新年度予算案で初設定
納期平準化さらに推進
国交省

国土交通省は調査・設計業務を対象に、 19年度当初予算案でゼロ国債 (国庫債務負担行為) を初めて設定する。 直轄業務の履行期限の平準化をさらに進めるのが目的。  19年度内に契約行為だけを済ませておき、 国費支出を伴う20年度に業務に着手できるようにする。 これにより履行期限の年度末の集中を回避し、 納期の分散化につなげる。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ