このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年620(木曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 県・総合評価 施工上の留意点廃止/2/1公告分から適用/成績評定 傾斜配分方式に

トップニュース

県・総合評価 施工上の留意点廃止
2/1公告分から適用
成績評定 傾斜配分方式に

県は総合評価方式のうち、簡易型で適用していた「施工上の留意点」を廃止し、4000万円から2億円未満の工事を特別簡易型の評価方法に一本化する。併せて、土木一式工事で適用している技術的難易度のⅡとⅢを統合する。また、工事成績評定平均点の73点以上80点未満(良好相当)の評価を階段配分方式から「傾斜配分方式」に変更する。適用はいずれも2月1日以降公告分から。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 公共土木施設 長寿命化セミナー①【道路施設】
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ