このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年621(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 発注者義務規定 大幅に拡充/「勧告」は入契調査で判断/品確・入契法改正

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

発注者義務規定 大幅に拡充
「勧告」は入契調査で判断
品確・入契法改正

今国会に議員立法として提出予定の公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)と公共工事入札契約適正化法(入契法)、測量法の一括改正案の条文が明らかになった。建設業や関連業の担い手の処遇改善や働き方改革、地域の業界の維持などを目的に、国と地方自治体の義務規定を大幅に拡充。発注者の立場にかかわらず、担い手の中長期的な育成・確保の支援措置などを講じる努力義務を課す。国の新たな権限となる公共発注者への「勧告」は、入契法に基づく毎年度の実態調査(入契調査)を踏まえた行為と位置付ける。

続きを読む

ページの先頭へ