このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年419(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 設計労務単価5.9%引上げ/3月適用、平均日額2万3600円/国交省

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

設計労務単価5.9%引上げ
3月適用、平均日額2万3600円
国交省

国土交通省はこのほど、公共事業の積算に用いる新しい公共工事設計労務単価と設計業務委託等技術者単価を発表した。労務単価は全国・全職種の単純平均で5.9%、技術者単価は全職種の単純平均で5.5%引き上げる。いずれも前年度を上回り過去10年で最大の伸び率。労務単価は都道府県別・職種別で1000以上ある単価の全てがプラス改定となる。業界を挙げての賃上げや、価格転嫁の円滑化への働き掛けが実を結んだ格好。新単価は3月1日から適用する。

続きを読む

ページの先頭へ