このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年417(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 監視体制「建設Gメン」始動/工期・代金、調査強化/国交省 官民大規模工事対象に

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

監視体制「建設Gメン」始動
工期・代金、調査強化
国交省 官民大規模工事対象に

国土交通省は官民の大規模工事を対象に、請負契約で工期や請負代金が適切かどうか監視する調査体制を強化する。新たに担当職員を「建設Gメン」と位置付け、25年度以降の大幅な増員を目指す。24年4月に迫る時間外労働の罰則付き上限規制適用に対応。11年連続で上昇している公共工事設計労務単価が技能者の賃上げ原資としてきちんと確保されているかも含め、調査内容をより充実させる。

続きを読む

ページの先頭へ