このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年419(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 自治体 平準化率が改善/進展状況に地域差も/国交省調査

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

自治体 平準化率が改善
進展状況に地域差も
国交省調査

国土交通省は。市区町村を含む全地方自治体の発注工事を対象に施工時期の平準化の進捗(しんちょく)状況をまとめた。21年度の「平準化率」の全国平均は都道府県発注工事で0.80(20年度0.77)、市区町村発注工事で0.62(0.57)に改善。債務負担行為の活用や柔軟な工期設定など、国交省が「さしすせそ」と称し働き掛ける5項目の取り組みも小規模自治体を含めて着実に進展している。

続きを読む

ページの先頭へ