このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年415(月曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > AR・VR適用検討着手/現場作業可視化で調査/国交省

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

AR・VR適用検討着手
現場作業可視化で調査
国交省

国土交通省は建設現場の生産性向上策の一環として、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)など最先端の人間拡張技術の現場適用に向けた検討を始めた。当面は視覚拡張技術を使って作業員の現場習熟を支援したり作業内容を可視化したりする方向で、関連技術の開発動向を調査し現場への適用性を整理する。これ以外の検討対象としてウエアラブルセンサーやモーションキャプチャー、多肢化拡張といった幅広い技術を挙げている。

続きを読む

ページの先頭へ