このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2022年812(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > CCUS/レベル4の賃金 相対的に上昇傾向/国交省調査 能力応じた支払い浸透か

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

CCUS
レベル4の賃金 相対的に上昇傾向
国交省調査 能力応じた支払い浸透か

国土交通省は、建設キャリアアップシステム(CCUS)登録技能者の賃金実態を調査し、CCUSの能力評価制度で最上位となる「レベル4」の技能者の賃金が相対的に上昇していることが分かった。「レベル1~3」の技能者の平均賃金と比べると、21年10月時点でレベル4の平均賃金は13・85%高かった。賃金差は1年前より2.67㌽広がっており、能力や経験に応じた賃金支払いが着実に浸透してきたとの見方ができそうだ。

続きを読む

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 建設人(けんせつびと)
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設興業タイムス縮刷版
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ