このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年419(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 21年度 県内直轄土木C契約状況/松国50億円で管内トップ/中国整備局

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

21年度 県内直轄土木C契約状況
松国50億円で管内トップ
中国整備局

中国地方整備局は、21年度発注の土木C等級工事の契約状況(予定価格3億円未満)をまとめた。県内3事務所の契約件数と当初契約金額は▽松江国道=23件、50億9160万円(前年度当初比2.2倍)▽出雲河川=17件、29億6040万円(同2.2倍)▽浜田河川国道=20件、43億8482万円(同15.2%増)―。山陰道の建設が佳境を迎え、管内の直轄事務所では松江国道1位、浜田河川国道2位の契約額となった。また平均落札率は、松江国道93.4%、出雲河川93.9%、浜田河川国道92.1%だった。

ページの先頭へ