このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2022年518(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 賃上げ表明加点 4月から適用/配点割合5%以上/施工能力評価型でプラス3点/中国整備局

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

賃上げ表明加点 4月から適用
配点割合5%以上
施工能力評価型でプラス3点
中国整備局

中国地方整備局は、総合評価で発注する工事・業務を対象に、一定水準の賃金引き上げで従業員と合意したことを示す「表明書」を提出した入札参加者に対し、配点割合5%以上を加点する。施工能力評価型では3点が加算される。2月1日以降に入契委員会を開始する案件から始め、4月1日以降の契約案件に適用する。賃上げに積極的に取り組む企業を調達で優遇する政府方針(1月15日付1面掲載)を踏まえ、国土交通省をはじめ各省庁が足並みを揃え実施する。

続きを読む

  • 建設興業タイムス縮刷版
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 建設人(けんせつびと)
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ