このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年713(土曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 施工平準化21億円設定/災害復旧、コロナ対策追加/県11月補正

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

施工平準化21億円設定
災害復旧、コロナ対策追加
県11月補正

県は19日、一般会計総額14億2000万円を増額する11月補正予算案を発表した。7~8月の大雨、台風9号に伴う災害復旧、県立学校や県立施設の環境整備など新型コロナ対策費を計上。また、債務負担行為を活用した施工時期の平準化に21億6800万円を設定する。予算案は二本立てで、コロナ対策緊急措置の17億7200万円を先議する予定。25日開会の11月定例県議会に提案。補正後の一般会計総額は約5299億円で、20年度11月補正後とほぼ同額となる。

続きを読む

ページの先頭へ