このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年724(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 住宅瑕疵担保/状況届、年1回に緩和/対象の7割超が建設業者

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

住宅瑕疵担保
状況届、年1回に緩和
対象の7割超が建設業者

国土交通省は9月30日施行の改正住宅瑕疵(かし)担保履行法に基づき、新築住宅を引き渡した事業者に義務付けている資力確保措置状況の届け出を従来の年2回から年1回に減らす。保証金の供託や保険への加入で瑕疵担保責任を負うことが一定程度、浸透してきたことから事業者の負担を軽減する。対象事業者の7割超を占める建設業者にも改正内容を周知する。

続きを読む

ページの先頭へ