このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年529(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 多伎地すべりで対策検討委/応急案了承、10月中~下旬片交へ/年度内に本復旧発注/松江国道

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

多伎地すべりで対策検討委
応急案了承、10月中~下旬片交へ
年度内に本復旧発注
松江国道

出雲市多伎町で8月18日に発生した地すべりの対策工法を検討する「国道9号出雲市多伎地区地すべり対策検討委員会」(委員長・河原荘一郎松江高専教授、10人)の初会合がこのほど、松江市内で開かれた。国交省松江国道事務所が示した今後の応急対策案を了承。仮橋設置などに着手し、10月中~下旬に片側交互通行で通行再開。年度内の本復旧工事発注も予定している。

国道9号出雲市多伎地区地すべり対策検討委員会の初会合で議論する委員=松江国道事務所

続きを読む

ページの先頭へ