このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年417(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 地域維持型契約活用/都道府県半数、市区町村1割/国交省 活用促進方策検討へ

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

地域維持型契約活用
都道府県半数、市区町村1割
国交省 活用促進方策検討へ

既存インフラの維持管理を包括的な枠組みで発注する「地域維持型契約方式」の活用が23都道府県と、1721の市区町村のうち251団体にとどまることが国土交通省の調査で分かった。関係者間の調整・連携や競争性の確保、受注者の負担増などに対する懸念が根強い。国交省は活用促進に向けた方策を検討する必要性があると指摘している。

続きを読む

ページの先頭へ