このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2021年927(月曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 施工時期平準化/自治体で着実に進展/国交省実態調査 取組み見える化/島根 平準化率、全国3位

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

施工時期平準化
自治体で着実に進展
国交省実態調査 取組み見える化
島根 平準化率、全国3位

国土交通省は、地方自治体による施工時期の平準化の進ちょく・取り組み状況をまとめた。公共工事入札契約適正化法(入契法)に基づく20年度の実態調査(10月1日時点)を踏まえ、全自治体の状況を「見える化」する項目を拡充。債務負担行為の活用や柔軟な工期設定など国交省が働き掛ける5項目の取り組みは、いずれも未実施の自治体は人口10万人以上に限ればゼロとなった。今後はより小規模な市町村への取り組みの浸透を図る。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 建設興業タイムス縮刷版2020年
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ