このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2021年919(日曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 国交省営繕工事/情報共有システム利用原則化/維持管理含めBIM活用試行へ

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

国交省営繕工事
情報共有システム利用原則化
維持管理含めBIM活用試行へ

国土交通省は直轄営繕事業でBIMや情報共有システム、遠隔臨場の活用を拡大する。維持管理段階を含む一貫したBIMの活用を、21年度に発注するPFI事業で初めて試行。情報共有システムは原則すべての営繕工事で発注者指定にする。監督職員の立ち会いを必要とする作業の一部に適用する遠隔臨場は試行件数を20年度より大幅に増やす。工事・業務関係書類の押印廃止やオンライン化も推進し、営繕事業の生産性向上につなげる。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 建設興業タイムス縮刷版2020年
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ