このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年526(日曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 総合評価/19年度 直轄工事 適用率98%/施工能力 Ⅱ型が7割

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

総合評価
19年度 直轄工事 適用率98%
施工能力 Ⅱ型が7割

国土交通省は19年度直轄工事の入札での総合評価方式の実施状況をまとめた。合計8971件の工事入札に対し、総合評価方式の適用率は98.1%とほぼ全面採用の状況。タイプ別では施工能力評価型(Ⅱ型)が5590件で最も多く、総合評価方式適用工事の70.2%を占めた。そのほかは、施工能力評価型(I型)が1944件で24.4%、技術提案評価型(S型)が429件で5.4%だった。

続きを読む

ページの先頭へ