このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2020年101(木曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 島根の「つなぐ道プラン2020」(案)/10年後 山陰道90%、骨格幹線100%/島根県 9月下旬策定へ

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

島根の「つなぐ道プラン2020」(案)
10年後 山陰道90%、骨格幹線100%
島根県 9月下旬策定へ

県道路懇談会(座長・淺田純作松江高専教授、7人)が7日、松江市内で開かれ、新たな道路整備計画となる「島根の『つなぐ道プラン2020』(案)」について審議した。同プラン案では、島根創生計画の実現に向け、おおむね10年間の道路施策の方向性を提示。目指す10年後の姿では、目標(29年度)として山陰道の供用率を90%、骨格幹線道路の改良率を100%と設定。県は同プランの9月下旬策定を目指す。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ
  • 建設人(けんせつびと)

ページの先頭へ