このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2021年919(日曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 工期の基準/全般、工程・分野別に整理/国交省が骨子案 受発注者の考慮事項抽出

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

工期の基準
全般、工程・分野別に整理
国交省が骨子案 受発注者の考慮事項抽出

国土交通省は中央建設業審議会(中建審、柳正憲会長)が作成する工期に関する基準の骨子案をまとめた。基準は適正な工期設定で受発注者双方が考慮すべき事項の集合体と位置付ける。適用範囲は公共・民間問わず建設工事に関わるすべての受発注者とし、双方の責務を明確化。工期全般、工程別、分野別に考慮事項を整理する。働き方改革や生産性向上に関する取り組み事例も盛り込む。

続きを読む

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 「G1フィッシング講座」ビデオ 
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 建設興業タイムス縮刷版2020年
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ

ページの先頭へ