このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年228(水曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > <解説>建設現場の熱中症対策/コロナ感染予防と両輪で/暑さ指数の積極活用を

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

<解説>建設現場の熱中症対策
コロナ感染予防と両輪で
暑さ指数の積極活用を

5月に入り東日本や西日本で最高気温が30度以上の真夏日、25度以上の夏日が相次いだ。気象庁が発表した5~7月の3カ月予報によると、気温は全国的に「平年並みか高い」見通しで、熱中症に加え、新型コロナウイルスの感染防止など、例年以上に建設現場で働く人への細やかな安全衛生対策が求められる。

続きを読む

ページの先頭へ