このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年229(木曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 死傷者108人、12%増/「墜落・転落」が依然最多/19年建設業労働災害

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

死傷者108人、12%増
「墜落・転落」が依然最多
19年建設業労働災害

島根労働局は19年の県内労働災害発生状況をまとめた。建設業での昨年1年間の死傷者数は108人で前年に比べ12人(12.5%)の増。死亡者は2人(前年3人)で減少した。全産業の労働災害死傷者数は708人で前年比4.8%の減となった。

続きを読む

ページの先頭へ