このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年823(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > ICT活用工事 実施要領を改定/3次元データ貸与 「発注者指定型」新設/新たに舗装も、手上げ方式で/島根県

トップニュース

ICT活用工事 実施要領を改定
3次元データ貸与 「発注者指定型」新設
新たに舗装も、手上げ方式で
島根県

県は、「ICT活用工事(島根県版)実施要領(試行)」を改定した。土工では、入札公告時にICT対象工事と明示する「発注者指定型」を新設。発注者指定型で使用する土工の3次元データは工事契約後、発注者から受注者へ貸与する。また、ICT活用工事に舗装工を新設する。 同要領を策定後、約2年半が経過するが、本格的な改定は今回が初。改定内容はいずれも7月29日以降の公告・指名分から適用する。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ