このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年721(日曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > <取材班>高力ボルト不足/納期10カ月以上待ち/県内にも影響広がる

トップニュース

<取材班>高力ボルト不足
納期10カ月以上待ち
県内にも影響広がる

鉄骨の接合などに使用される「高力ボルト」が県内でも大幅に不足している。鋼材や特殊鋼、非鉄金属などの共販事業を手掛ける協同組合・県鐵工会によると、発注から10カ月以上の入荷待ち状態が続いているという。 鉄骨建築物を抱える自治体では、設計を変更したり、工期を延期するなどの対応に迫られ、民間の建物にも影響が出ている。高力ボルトをめぐる県内の需給動向や発注機関の対応を探った。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 公共土木施設 長寿命化セミナー(1)【道路施設】
  • 公共土木施設 長寿命化セミナー(2)【河川・砂防施設】
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ