このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年823(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 工種区分「橋梁補修工事」新設/21・22年度資格申請から/国交省

トップニュース

工種区分「橋梁補修工事」新設
21・22年度資格申請から
国交省

国土交通省は21・22年度の工事競争参加資格審査から、直轄の橋梁補修工事に対応する工種区分「橋梁補修工事」(仮称)を新設する。工種新設の準備のため、20・21年度は、橋梁補修工事を工種区分の「維持修繕工事」で発注。工事の難易度に応じた同種・類似実績や適切な地域要件の設定にも配慮する。工種を設け維持修繕分野で適切な市場形成に取り組む。 国交省直轄工事の競争参加資格登録は一般土木工事やアスファルト舗装工事、鋼橋上部工事など21工種に分類。維持や修繕に関する工事は「維持修繕工事」の工種区分で発注されることが多い。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ