このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2019年823(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 新規事業 家づくり職人技活用、空き家除却支援/島根県新年度部局別要求

トップニュース

新規事業 家づくり職人技活用、空き家除却支援
島根県新年度部局別要求

県はこのほど、19年度当初予算編成に向けた部局別の要求概要を発表した。公共事業と職員給与費を除いた要求額は、土木部102億3000万円(18年度当初予算比0.8%増)、農林水産部185億200万円(同1.3%減)など、一般会計総額2576億9100万円(同0.6%増)。主な新規事業では、子育て世帯の住宅新・増改築時に左官技能など職人技を活用する「しまねの家づくり職人技活用促進事業」1200万円、除却経費の一部を助成する「老朽危険空き家除却支援事業」900万円―などを要求した。なお、公共事業は例年同様、当初予算案の発表に併せて公表の見通し。

  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 建設人(けんせつびと)
  • 完工高ランキング

ページの先頭へ