このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2024年621(金曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > トップニュース > 遠隔臨場建築工事の運用指針整備へ/審査側許容基準を設定/国交省

島根の専門家(プロ)と建設関連企業をつなげる「しまプロ」

トップニュース

遠隔臨場建築工事の運用指針整備へ
審査側許容基準を設定
国交省

国土交通省は建築工事の完了検査・中間検査で、遠隔臨場を可能とする運用指針を整備する。申請側の工事監理者や施工管理者と、審査側の建築主事や指定確認検査機関の両方を対象にデジタル技術を活用した遠隔臨場を許容する判断基準を設ける。申請側の立ち会いの遠隔化は小規模物件に適用を限定する形で運用指針を策定済み。審査側の遠隔検査手法の検討をこれから本格化し、23年度の実証実験を経て適用を目指す。

続きを読む

ページの先頭へ