このページの本文へ

島根で唯一の建設産業情報新聞

2020年44(土曜日)

メニュー

このページの位置: ホーム > 「しまプロ」 > 伊藤長治

島根の専門家と建設関連企業をつなげる“しまねのプロフェッショナル”

パトロールと安全教育を通して無災害に貢献するプロ伊藤長治(いとう ちょうじ) 伊藤労働安全コンサルタント事務所 所長

建災防県支部松江分会の安全実行委員として10年間、建設現場パトロールに従事するとともに、県支部の選任教育講師として11年間にわたり作業主任者・安全衛生責任者の教育に努める。2年前に労働安全コンサルタント事務所を立ち上げ、安全衛生管理全般に関して企業や団体の教育や指導、コンサルティングに取り組んでいます。

取材記事

安全管理を向上させるためには安全パトロールを実施し、「現状の不具合レベルを把握し対処することが第一歩」と話す労働安全コンサルタントの伊藤長治さん。約30年間、大手ゼネコンで建築現場の管理に従事し、退職までの10年間は安全管理を担当。退職後は地元建設企業や建災防などで安全指導を務められています。

過去における安全成績が良好で、近年も事故や災害もなく経過している企業が多く見受けられるが、従来の管理方針を改善する必要性はどの会社にもあると注意を喚起します。

建設業は就業人口の割合から見ても死亡災害と休業4日以上の休業災害の発生件数が多い。安全管理の進め方にも①元請けでありながら施工も含む大半を自社で行う者②元請けとして施工管理を主とする者③元請けの配下で施工のみを請け負う者-それぞれのポジションで役割と責任の分担で違いが生じると指摘します。

①の場合、安全管理方針を徹底し、不具合があればその都度見直しを②の場合、安全管理体制の構築と管理方針に対応できる協力業者の選定が重要で、安全施工サイクルを通じて作業の不具合の早期発見と報告・是正が求められる③の場合はいわゆる専門工事業者としての作業で、安全管理方針を理解し作業主任者が必要ならその配置と安全衛生責任者の選任・配置を書面で提出。打合せ会議や毎日の安全施工サイクルに積極的に参加し安全作業に取り組むことが必要-と具体的に話してくれました。

また、不幸にして労働災害が発生した場合は必ず管理責任者に報告し、2次災害の防止に努めることが重要と指導されます。ケガの程度で勝手な判断をすると゛労災隠し゛となる恐れがあるため、必ず責任者の指示に従って行動するよう呼び掛けています。

安全パトロールや安全教育は業界団体や元請け企業中心で実施されていますが、建設現場で働くすべての労働者の安全確保と、建設業界全体のレベルアップを目指し、専門工事業や下請け企業の方にも積極的に参加してもらえるよう活動したいと伊藤さんは考えます。建設産業全体の安全管理の向上につながるよう、自身の経験を基にして、顧客の要望に極力応えられるような提案を心掛けたいと思いを語ってくれました。

 

安全管理に関しての問題点

安全管理レベルアップ 第1回

安全管理レベルアップ 第2回

安全管理 レベルアップ第3回

安全管理 レベルアップ第4回

安全管理 レベルアップ第5回

 

個人プロフィール

経歴
 1967年3月 明治大学工学部建築学科卒
 同年5月  清水建設広島支店入社。入社後、各地で建築工事現場を管理。94年から松江営業所管内の安全業務を担当
 2004年3月 清水建設を定年退職
 同年4月  ウエヤマ入社。安全業務全般を管理
 17年4月  松江土建入社。安全業務担当し、18年3月退社
資格
1級建築士 1級建築施工管理技士 1級管工事施工管理技士
1級電気工事施工管理技士 1級造園施工管理技士

企業プロフィール

料金
安全パトロール費用(点検表にて書面報告)
1日19,000円 半日11,000円
所属団体
(社)日本労働安全衛生コンサルタント会会員

連絡先

「『建設興業タイムス』を見た」、または「『しまプロ』を見た」とお伝えください。

住所
出雲市平田町5333
電話番号
0853(63)1069
FAX番号
0853(63)1069
営業時間
08:00~17:00

アクセスマップ

「しまプロ」についてのお問い合わせ先

有限会社 建設興業タイムス社
〒690-0047 島根県松江市嫁島町10-7WEEDビル3F
TEL: 0852-21-9047 FAX: 0852-21-9049 担当: はぜかわ、ながせ
メールでのお問い合わせ

「しまプロ」トップへ戻る

  • 金入り設計書 情報公開請求代行業務
  • スキルアップセミナー&イベント
  • 金入り設計書
  • 入札結果電子版
  • 完工高ランキング
  • (一社)土木技術者女性の会リレーメッセージ
  • 建設人(けんせつびと)

ページの先頭へ